フランス語名詞actualité「現実・現状・ニュース・報道」の意味と性数一致・用法を例文付きで解説

actualité
女性名詞
  • 現実
  • 現状・現況
  • ニュース・報道
単数形actualité
複数形actualités
対応する動詞actualiser
対応する形容詞actuel
対応する副詞actuellement

名詞actualitéの用法・文法解説

  • 現実
  • 現状・現況
  • ニュース・報道

新聞やニュースサイトで見かけるles actualitésとは「ニュース、最新の話題」を意味します。「ニュース」の意味で使われるときは、基本的に複数の話題・ニュースがあることを前提とする(大手ニュースサイトが1つしかニュースを報じないことはない)ため、les actualitésと書かれることがほとんどです。

例えば、Le Mondeの公式サイト上部にあるメニューにはACTUALITÉSというタブがあったり、France24のサブタイトル(Infos, news & actualités)にもactualitésの文字が含まれています。

「ニュース」という単語はnouvelle(s)で表すと習った人も多いかもしれませんが、大手ニュースサイトではactualitésの方が圧倒的に多く使われています。

では、nouvelle(s)が「ニュース」の意味で全く使われていないかというとそうではありません。例えば「フェイクニュース」に対応するフランス語はfausse(s) nouvelle(s)。

しかし、記事文面や会話でfausse(s) nouvelle(s)を使うことは少なく、ほとんどは英語fake newsをフランス語でもそのまま書く・言います。これは日本語で「虚偽報道」よりも「フェイクニュース」の方が使われているのと同じで、硬い印象を与える自国言語の正式名称よりもキャッチーな外来語の方が優先されるのです(社会的距離とソーシャルディスタンス、世界的流行とパンデミックなども同様)。

「ニュース」自体も日常会話レベルではnouvelle(s)の他に、英語由来のnewsをそのまま使うことも覚えておきましょう。日本語にかなり多くの外来語が入り込んでいるようにフランス語にも多くの英語が流入しているのです。

名詞actualitéを含む例文

Vous pouvez suivre toutes les actualités de A sur notre site.

私たちのサイトでAに関するすべてのニュースをご覧いただけます。

名詞actualitéの類語・対義語・関連語とその解説

対応する動詞actualiser
対応する形容詞actuel
対応する副詞actuellement
タイトルとURLをコピーしました